バスケットボールB1東地区首位の宇都宮ブレックスは28日、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で西地区2位の三河と対戦、18本の3点シュートを決めて93-84で競り勝った。通算31勝8敗で地区首位のまま。

 前日の雪辱を期するブレックスは立ち上がりからゴールショーを展開。第1クオーターに遠藤祐亮の4本を筆頭に比江島慎や渡辺裕規らが計8本の3点シュートを決めてを28-19とリード。喜多川修平、LJ・ピークらも高確率でゴールを決め、前半を55-34で折り返した。

 後半は三河の猛反撃を受けて一時は7点差まで詰め寄られたが、比江島のドライブ、竹内公輔の3点シュートで72-62。最終第4クオーターは競り合う展開となったが、ライアン・ロシター、ジェフ・ギブスらの得点で粘る三河を振り切った。遠藤の18得点をはじめギブス、ピーク、比江島の4人が2桁得点の活躍だった。

 次戦は3日午後6時5分から、川崎市のとどろきアリーナで川崎と対戦する。