女子サッカーチーム「栃木SCレディース」は27日、今月末でチーム活動を終了すると発表した。所属選手(当時)が自動車運転処罰法違反(過失傷害)とひき逃げの疑いで逮捕されたことを受け、昨年11月から無期限で活動を停止していた。

 チームはJ2栃木SCが運営をサポートし、2017年にスポーツ用品販売大手のゼビオ(福島県郡山市)が設立。18、19年には県女子リーグ1部で連覇を達成した。

 活動終了に伴い、栃木SCは同日、ゼビオとの連携解消を発表。直接運営する「栃木SCレディースU-15」は今後も活動を継続する。