SHSからクラリティに水素を充填するホンダEG社員=芳賀町のホンダEG本社

 ホンダの燃料電池自動車(FCV)「クラリティ フューエルセル」の中核装置を製造するホンダエンジニアリング(ホンダEG、芳賀町芳賀台、山本創一(やまもとそういち)社長)は、県内初という水素ステーションを本社敷地内に設置した。社内限定の自家用で運用し、クラリティを県内中心に一般走行することで、FCVの知名度向上を図る。

 FCVは水素を燃料に電気を起こし、二酸化炭素(CO2)を排出しない究極のエコカー。国はFCV導入に補助を出しているが、水素を充填(じゅうてん)するステーションの設置が面的に進んでいないことが課題という。