新生児聴覚スクリーニング検査とその後の流れ

伊藤真人教授

新生児聴覚スクリーニング検査とその後の流れ 伊藤真人教授

 新生児約千人に対して1人の確率で見つかる「先天性難聴」。原因はさまざまだが、早期に発見し適切な療育を行えば、言語の発達を助けることができるという。産まれたばかりの子どもには、任意で耳の聞こえ方の状態を調べる「新生児聴覚スクリーニング検査」が行われており、自治医科大とちぎ子ども医療センター小児耳鼻咽喉科の伊藤真人(いとうまこと)教授は「早期発見のために必ず受けてほしい」と呼び掛けている。3月3日は「耳の日」。

 先天性難聴とは、生まれつき耳の聞こえ方に問題が生じている状態のことを指す。新生児に対して行われている聴覚スクリーニング検査は、子どもが産まれた後、産院などで入院中に行うことが多い。痛みはなく、新生児が寝ている間に検査できる。ただ、任意のため、伊藤教授は「全国の検査率は9割弱と、100%に到達していない」と説明する。

 検査を受けると、「パス(異常なし)」もしくは「リファー(要精密検査)」の結果が出る。リファーの原因は遺伝性のほか、先天性サイトメガロウイルス感染症が引き起こす難聴であるケースも少なくない。

 この感染症は、妊娠中に母親が感染した結果、胎盤や血液を通して胎児に感染し、産まれてくる子どもの難聴や低体重、視力障害などを引き起こす。この難聴は進行することもあり、伊藤教授は「リファーが出ると動揺してしまい、病院に足が向かない両親もいる。しかし、検査でリファーが出たら、すぐに精密検査を受けてほしい」と強調する。