2021年度高根沢町一般会計当初予算案

 【高根沢】町は24日、2021年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度比3・4%減の103億9千万円。加藤公博(かとうきみひろ)町長は「新型コロナウイルス感染症拡大の中、歳出をゼロベースから見直し、限られた財源を住民サービスや災害対応などに充てることを心掛けた」と述べた。

 前年度を下回った主な要因は、コロナ禍の影響による町税の減収で、2億5700万円減の39億9千万円と見込んだ。また、旧東小の解体事業などの完了で、小学校費が5億4700万円の大幅減となった。

 重点施策の子育て・教育の新規事業では、民間保育園(たから保育園)新築に伴う学童クラブ整備事業費として2200万円を計上。ICT教育推進事業費は、支援員委託なども含めて6900万円を充てた。