本番に向け練習に励む出演者たち

 【宇都宮】一般公募の市民が出演する第39回市民芸術祭演劇公演「テンペスト」(同祭実行委員会演劇部会主催)が7月1日、市文化会館小ホールで上演される。出演者たちは、本番に向けて練習に励んでいる。

 同部会は、隔年で地元の歴史にまつわる物語や有名作家の作品などを題材にオリジナル作品を上演してきた。今回はせりふの多い長編に挑戦。稽古では、同じ場面を繰り返したり、演技についての意見を交換したりと、出演者は真剣な表情で取り組んでいた。

 (問)同祭実行委の演劇公演担当028・636・2121。