J2相模原との練習試合に先発し、1アシストを記録した浦和のMF明本=13日、埼玉スタジアム(浦和レッズ提供)

 宇都宮市出身のJリーガーで昨季オフ、J2栃木SCからJ1浦和へ移籍したMF明本考浩(あきもとたかひろ)(23)が定位置獲得に向けて奮闘している。悩んだ末に下部組織から所属した地元クラブを離れる決断を下した“栃木の至宝”。「短いサッカー人生の中、ビッグクラブで自分がどれだけやれるか証明したいと考えた。試合に絡み、昨季の個人成績を超えたい」と26日に控えたJ1開幕を今や遅しと待ちわびている。

 国士舘大から入団した昨季は7ゴール、8アシストといずれもチームトップの成績を残し、一昨年の20位から10位への躍進に大きく貢献。当初は「栃木SCをJ1へ連れていく」と複数のJ1クラブからのオファーを断ったが、最後に届いた国内有数のビッグクラブからの「ぜひ来てほしい」という誘いに心が揺れ動いた。