【宇都宮】22日開かれた佐藤栄一(さとうえいいち)市長の定例記者会見で、JR宇都宮駅東側の次世代型路面電車(LRT)整備費が増大したことについて、報道陣から質問が相次いだ。

 市は1月、概算事業費が2016年度に発表していた412億円から191億円増の603億円になる見込みを明らかにしている。

 22日の記者会見で「2年前に増額が分かっていたとの報道がある。どうか」との質問に対し、佐藤市長は「(検討段階で)実際にいろんな数字があったのだと思うが、最終的な報告があったのは1月」とこれまでの説明を繰り返した。

 「増額の発表が唐突」との指摘がある中、「情報公開の仕方は問題はないとの認識か」と問われ、「そう認識している」と述べた。