佐藤市長(左手前)を表敬訪問した橋本社長(右)ら

佐藤市長(中央)を表敬訪問した橋本社長(右)や小堀選手(左)ら

佐藤市長(左手前)を表敬訪問した橋本社長(右)ら 佐藤市長(中央)を表敬訪問した橋本社長(右)や小堀選手(左)ら

 【宇都宮】サッカーJ2栃木SCの橋本大輔(はしもとだいすけ)社長、市出身のFW小堀空(こぼりそら)選手ら4人が18日、佐藤栄一(さとうえいいち)市長らに27日に開幕する今季の健闘を誓った。

 市役所を訪れたのは橋本社長、小堀選手のほか、田坂和昭(たさかかずあき)監督、FW矢野貴章(やのきしょう)選手。昨季37試合で7ゴールを挙げた元日本代表の矢野選手は「個人的には昨年以上の成績を残し、チームは1桁順位を目指す。一人でも多くの人に応援してもらいたい」と呼び掛け、ユース出身で昨季Jリーグデビューを飾った小堀選手は「まずは試合に出ることを考えたい。出場した時にはFWとしてしっかり点を取る」と意気込みを語った。

 佐藤市長は「精いっぱい応援するので今季も活躍を期待しています。コロナへの対応も含め共に頑張っていきましょう」とエールを送った。