全国子ども防災作文コンクール中学2年の部で最優秀賞を受賞した宇都宮東高付属中の近藤亜海さん

 第2回全国子ども防災作文コンクール中学2年の部で、宇都宮東高付属中2年近藤亜海(こんどうあみ)さん(14)が最優秀賞に輝いた。題名は「意識と知識と勇気が命を救う」で、東日本大震災発生時に学校にいた小中学生約3千人全員が無事だった岩手県釜石市の「釜石の奇跡」を題材に防災教育や同教育で学んだことを実践する大切さを訴えた。

 近藤さんは大震災時、4歳だった。大きな揺れや停電で家族がろうそくを囲んで一夜を過ごしたことが記憶に残っているという。ただ「小中学校で避難訓練があっても、緊張感を持たずに参加していた」と振り返る。