県内の新型コロナウイルス感染者数

県内の新型コロナウイルス感染者(20日発表)

県内の新型コロナウイルス感染者数 県内の新型コロナウイルス感染者(20日発表)

 栃木県は県内全域の飲食店への営業時間短縮要請を21日で解除する。県独自の警戒度も最高の「特定警戒」から、上から2番目の「感染厳重注意」に引き下げるが、引き続き5人以上の会食を控えることなどを求める。一方、県と宇都宮市は20日、計16人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも重症化していない。

 芳賀町の高齢者介護施設で県内37例目のクラスター(感染者集団)が発生し、20日までに利用者、職員など7人の感染が確認された。関係者の大半となる52人の検査を終えている。また県は同日、医療機関に入院中の患者3人が死亡したと発表した。累計感染者数は4028人、死者は64人。

 新規感染者は10~80代の男女。居住地別では栃木市5人、小山市4人、宇都宮市3人、芳賀町2人、足利市と壬生町が各1人。

 県と宇都宮市は20日、計75件を検査(委託分は未集計)。累計検査件数は12万1976件、退院者3846人、入院者81人、宿泊療養者38人、入院調整中5人、重症者8人。