インスタグラムに投稿した画像をPRする県農村振興課の職員=15日午後、県庁

 県農村振興課は19日までに、コメを使ったテークアウト商品や販売店舗の情報を会員制交流サイト(SNS)などで発信し始めた。県の「栃木県民ごはんの日プロジェクト」をPRする狙い。コロナ禍で売り上げが減少している農村レストランなどの支援にもつなげる。

 プロジェクトは外食産業の不振などで低迷する県産米の消費を拡大しようと、今月から始まった。5と8の付く日は「1日3食ごはんを食べよう」と呼び掛けている。