宇都宮市と芳賀町が進める次世代型路面電車(LRT)の事業費増額について、19日の県議会代表質問では事前調査などへの批判が相次いだ。83億円を上限とする県の財政支援の追加にくぎを刺す声も。福田富一(ふくだとみかず)知事は増額理由には一定の理解を示したものの「当初の見込みや調査に甘さがあったとの印象は拭えない」と言及した。

 木村好文(きむらよしふみ)氏(とちぎ自民党議員会)は「会派内でもさまざまな意見がある」とちくり。事前調査の甘さを批判し、「1年延期後に確実に開業できるのか」と懸念した。同時に事業の重要性にも触れ「二度とないよう両市町に確実に申し入れを」と求めた。