県北地域サイクルツーリズム推進協議会の第3回会合が19日、オンラインで開かれ、名称を「ナス1(イチ)」とする県北地域モデルルートを正式決定した。県内全25カ所の道の駅にサイクルラックや空気入れ、メンテナンス工具の3点を整備する方針も示された。

 県は(1)那須くるっ(2)ぐる那須(3)ナス1-の3点からルート名称を選ぶ投票をインターネット上で昨年末から約1カ月間実施。651票の投票があり、那須を1周するという意味の「ナス1」が最多の239票を獲得した。