鹿沼市は19日までに、気候変動に対する危機感を市民や事業者などと共有することを目的として4月1日に「気候非常事態」を宣言することを決めた。県内では昨年3月に那須町議会で同様の宣言を決議しており、市環境部によると自治体では初めてとなる。

 市は今年1月、2050年までに温室効果ガス排出を実質的になくす「二酸化炭素実質排出ゼロ」を宣言。非常事態宣言では、対象を気候変動全般に拡大する。