試験点灯された観覧車

 栃木県日光市今市の中心市街地に4月1日オープン予定の複合商業施設「日光ランドマーク」で17日夜、屋上に設置した観覧車の試験点灯が行われた。

 青色の観覧車は直径約25メートル。4人乗りのゴンドラは16台で、約6分で1周する。観覧車の片面に発光ダイオード(LED)照明112本が取り付けられた。

 LEDはカラフルに光り、日暮れから午後10時まで毎日点灯する。日替わりで点灯パターンを替え、1日1回は時刻を決めずに約6分間ハートマークになる。

 この日は午後5時半から点灯。施設の運営会社「ジェイピー」(宇都宮市伝馬町)の渡部智次(わたべともつぐ)社長は「昼間は日光連山や市街地の眺めを、夜はLEDで輝く外観も楽しんでほしい」と話した。