終活、介護の現状セミナーで学ぶ 下野新聞プレッソ

 下野新聞レディースクラブ・プレッソのセミナー「ハッピーエイジングセミナー~終活と介護について~」が22日、宇都宮市のパルティで開催され、会員ら約50人が終活のメリットや介護の現状と対策を学んだ。

 第1部はフリーアナウンサーでワークライフバランスコンサルタントとしても活躍している工藤敬子(くどうけいこ)さんが講師を務め、自分らしく人生を締めくくるための方法としてエンディングノートの活用を助言した。第2部はファイナンシャルプランナーの戸松優子(とまつゆうこ)さんが、介護にかかる費用とそれに対する備え方をアドバイスした。

 参加者は熱心にメモを取りながら、講師の話に耳を傾けた。宇都宮市宝木町、主婦平野朱美(ひらのあけみ)さん(59)は「3年前に書いたエンディングノートを見直してみようと思った。また、現在、母の介護をしている身なので、考えさせられることが多かった」と話していた。