定例記者会見に臨む福田知事=16日午後、県庁

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、県が県内全域の飲食店に21日まで要請している営業時間の短縮を巡り、福田富一(ふくだとみかず)知事は16日の定例記者会見で「段階的緩和を含めた22日以降の対応について、今週中に対策本部会議を開いて決定する」との見通しを示した。

 県内の感染状況は15日現在、政府の対策分科会が示す7指標のうち6指標がステージ2(感染漸増)を下回っている。一方で病床稼働率は28.6%でステージ3(25%以上、感染急増)にとどまっており、医療提供体制の負荷は続いている。福田知事は21日までに25%未満を目指す考えだ。

 また県内約1600店を調査したところ、99%が時短要請に応じているといい、福田知事は「県民や事業者が不要不急の外出自粛や時短営業に真摯(しんし)に取り組んでくれた成果だ」と強調した。