斎藤市長(右)に優勝を報告した宮本さん

斎藤市長に優勝を報告した宮本さん(右端)

斎藤市長(右)に優勝を報告した宮本さん 斎藤市長に優勝を報告した宮本さん(右端)

 矢板市出身で、静岡県の藤枝順心高で全日本高校女子サッカー選手権連覇を果たした3年宮本仁奈(みやもとにいな)さん(18)が16日、市役所を訪れ、斎藤淳一郎(さいとうじゅんいちろう)市長に優勝を報告した。

 宮本さんは市内の小中学校に通いながらAS栃木、栃木SCレディースで腕を磨き、同高に進学。大会では副キャプテンを務め、ディフェンダーとして全5試合に先発出場し、チームの連覇に貢献した。

 市長公室で、宮本さんは「前線でボールを奪って攻撃し、リスク管理も徹底できたのが無失点優勝につながった。最後に皆で笑顔で終わることができてとてもうれしい」と大会を総括。進学先の山梨学院大では「高校で優勝したからといって気を緩めず、初心に戻ってプレーしていきたい」と誓った。

 斎藤市長は「危なげない決勝戦で、2年連続の全国優勝おめでとう。大学でもより一層の活躍をお祈りする」と激励した。