2021年度益子町一般会計当初予算案

 【益子】町は15日、2021年度当初予算案を発表した。一般会計は20年度当初比3・5%増の80億円となった。子育て支援関連施策に重点を置き、保育料の全面無償化などの事業費を盛り込んだ。大塚朋之(おおつかともゆき)町長は「本年度は町の出生数が100人を割る予測。少子化に歯止めをかけられるかが最重要課題」と述べた。

 子育て分野では、国の幼児教育・保育の無償化の対象になっていない0~2歳児も含め無償とするため3400万円を計上。第2子が生まれた際に第1子以降の保育園などの副食費を免除する事業費として1800万円、町内の賃貸住宅に転居する若年子育て世帯の家賃補助事業に360万円を充てた。