再選を目指し正式に立候補を表明する花塚隆志氏=15日夕、さくら市内のホテル

 4月4日告示、11日投開票のさくら市長選で、現職で1期目の花塚隆志(はなつかたかし)氏(61)=さくら市喜連川=は15日、市内のホテルで記者会見し、再選を目指して立候補することを正式に表明した。

 この日開かれた後援会役員会と、市議15人のグループから、2期目挑戦への提言を受けた。

 花塚氏は新型コロナウイルス感染症対応や、初当選時に掲げた公約「進化プラン」の継続を施策の中心として示し、「大きな責任を感じている。役割を果たしたい」と決意を語った。

 同プランの成果として、農産物の売り上げ増や、県内トップクラスを目指して力を入れている小中学生の学力向上を挙げた。「コロナ後はバージョンアップし、市民に成果を感じてもらえるような2期目としたい」と抱負を述べた。公約の詳細については支持を受ける市議と引き続き検討を重ね、後日公表するという。

 花塚氏は県議を4期務め、副議長や県政経営常任委員長などを歴任。2017年4月の市長選で初当選した。