地震の影響で信号機の明かりが消えたJR西那須野駅前=14日午前0時50分、須塩原市永田町

 13日午後11時7分ごろ発生した福島県沖を震源とする地震で、栃木県内は高根沢町と那須町で震度5強、大田原市、那須烏山市、那珂川町で震度5弱を観測したほか、宇都宮市や小山市など広い範囲で震度4を観測した。転倒するなどして8人がけが。地震直後から各地で発生した計約23万軒の停電は14日朝までに復旧した。住家被害は確認されていないが、県立高7校で天井材などが一部落下する被害が出た。東北新幹線の設備が被災し、JR東日本は那須塩原ー盛岡間で運転を見合わせた。全線運転再開まで10日前後かかる見通し。

 気象庁によると、県内で震度5強を観測したのは2013年2月25日以来。

 県危機管理課などによると、那須烏山市、90代男性が自宅ベッドから転落し左大腿(だいたい)骨骨折の疑い、また栃木市、80代男性と那須烏山市、70代男性も転倒して骨折するなどした。また宇都宮市2人、栃木市1人、那須烏山市1人、那須町1人の計5人もけがをした。

 県立高では益子芳星、烏山、矢板、大田原、大田原女子、那須拓陽、那須の計7校で天井材などが一部落下した。市貝町市塙では木造炭焼き小屋から出火、約16平方メートルを全焼した。茂木署によると、地震で炭焼き窯の一部に隙間ができ、炭を焼いていた火が小屋に燃え移った可能性があるという。

 日光東照宮によると、国の重要文化財「神楽殿」で、屋根の四隅に付いている「風鐸(ふうたく)」と呼ばれる飾りの一つが落下した。

 県警高速隊によると、東北自動車道の一部と日光宇都宮道路の上下線が安全確認のため一時、通行止めになった。那須町では50戸が断水した。