今市の施設内に3月設置されるワクチン接種のコールセンター

 【日光】市新型コロナウイルスワクチン接種推進室が15日、市社会福祉協議会の旧本所だった今市の市施設に移転、開所した。市はワクチン接種について、医療機関での個別接種を中心に実施する方向で準備を進めており、移転先の建物内にはコールセンターも3月に設ける。

 同推進室は先月15日、市健康課内に開設され、専従の職員4人を配置した。

 ワクチン接種は市民の利便性と安全安心の観点から、かかりつけ医など医療機関での個別接種をメインに検討。市内の病院・診療所約40カ所のうち、協力可能な30カ所以上で受けられる見通し。対応しきれない場合を想定し、集団接種の実施も検討している。

 国の計画に基づき市は3月中旬以降、高齢者から順次クーポン券の配布を始める予定で、接種の予約方法も一緒に案内するという。

 同推進室の金子憲一(かねこけんいち)室長(50)は「地元医師会の協力を仰ぎながら、市民の安全安心な接種体制を構築していきたい」と話した。(問)同コールセンター(3月15日以降)0288・25・7955。