宇都宮市内の上空に架かった二重の虹=15日午後5時5分、宇都宮市昭和1丁目、下野新聞社から東を望む(超広角レンズ使用)

 宇都宮市中心部の上空に15日午後5時ごろ、大きな二重の虹が架かった。下野新聞新聞社からは県庁をまたぐような神秘的なアーチが見られた。

 低気圧の影響で朝から降っていた雨が夕方になって弱まり西日が差し込むと、東の空にうっすら二重の虹が姿を見せた。