15日午前10時35分ごろ、那須塩原市塩原の電線から出火、一部を損傷した。那須塩原署によると、サル1匹が各家庭に電気を送る引き込み線を渡っていた際、「ボン」という音がし、炎と白煙が上がった。落下したサルは、別のサル1匹が抱えて現場から立ち去ったという。

 東京電力パワーグリッドによると、「引き込み線にサルが接触したことが原因」と指摘。引き込み線の電線カバーは絶縁性が低く、触ると感電する恐れがあるという。