サッカーJ2栃木SCは13日、宮崎県で実施していた春季キャンプの延べ12日間の全日程を終了した。

 最終日は完全非公開の練習試合を行い、キャンプを打ち上げた。田坂和昭(たさかかずあき)監督は「ほぼ全てのメニューを消化し、フィジカル的には昨年以上の状態だ」とチームの仕上がりを総括。戦術に関しても「浸透は早く、7~8割まで来ている。(得点増に向けた)新たなチャレンジの部分には、まだ改善の余地を残している」と語った。

 選手たちは同日中に宇都宮市内へ戻り、2日間のオフを挟んで16日から全体練習を再開する予定。