ソフトテニスで日本人3人目のプロ選手となった芳村

 大田原市出身で宇都宮短大付高出の芳村玲(よしむられい)(25)がプロソフトテニス選手として活動している。プロ宣言するのは日本人3人目で、前衛の選手としては初めて。芳村は「子供たちに競技の面白さを伝え、実力のある選手が報われるソフトテニス界にしたい」と話している。

 野崎中3年時に全国中学校体育大会に出場。高校時代も全国高校総体(インターハイ)などで活躍した。慶大進学後は攻撃的な後衛から前衛へ転向。全日本学生選手権大会(インカレ)団体ベスト8などの成績を残し、大手銀行への就職を機に一線から遠ざかった。