2種のカレーが楽しめる「あいがけカレー」

 容器のふたを開けると、2種類のカレーがきれいに分けられていた。真っ黒な見た目が印象的なブラックカレーと、ニンジンや豚肉と定番の具材が入ったポークカレー。両方楽しめる「あいがけカレー」(900円)は「1食で2度おいしい」メニューだ。

Web写真館に別カットの写真

 店は宇都宮カクテル倶楽部(くらぶ)にも加盟しているバー。釜川沿いに位置し、店内で音楽ライブを開くなどおしゃれな雰囲気を醸し出す。店長の佐藤大介(さとうだいすけ)さん(44)は「コロナの影響で昼からテークアウトを始めたら、新規のお客さんが増えた」と笑顔を見せる。

 「独身のお客さんに人気」というポークカレーは、ホッとするような家庭の味わい。具材がゴロゴロと入っていて食べ応え抜群だ。ブラックカレーは、トロトロに煮込んだ牛すじ肉が入っていて、見た目に反してまろやか。隠し味に入った赤ワインの酸味もあり、少し大人な味わいだ。

 どちらも辛さは抑えめで、幅広い年齢の人が食べられそうだ。一緒に入っている「岩下の新生姜(しょうが)」との相性もバッチリ! ポークカレーは店の人気メニューだが、ブラックカレーは屋外イベントでの出店時にしか出さないレアメニューなんだとか。「定番な味わい」と「レアな味わい」。どちらも選べない…。欲張りには最高のコラボレーションだ。

 メモ 宇都宮市中央5の2の3▽営業時間 午前11時半~午後9時(時短営業中、変更する可能性もある)▽定休日 無休▽(問)028・637・7770