体操のU18ジュニアナショナル強化選手に初選出された谷田(右)と小野=作新学院高

 体操のU18(18歳以下)ジュニアナショナル強化選手に作新学院高1年の谷田雅治(たにだまさはる)、小野凉城(おのりょうき)が選ばれた。共に22年の「いちご一会とちぎ国体」では主力として活躍が期待される有望株。谷田は「自分よりレベルの高い人からいかに吸収できるかが楽しみ」、小野は「プレッシャーもあるが、谷田に並ぶくらい頑張りたい」と意気込んでいる。

 ジュニアナショナル強化選手は大会の成績や将来性に応じて毎年選考される。高校1~3年の学年ごとに各4人が選ばれ、1年生の中で谷田は1番目、小野は4番目の評価で選出された。メンバー入りすると海外遠征や国際大会などに派遣されるが、現在は新型コロナウイルスの影響でスケジュールは大半が未定となっている。