川相氏(左奥)らに打撃指導を受ける体験会の参加者(右手前)=宇都宮市内

小林氏(中央)にキャッチボールの指導を受ける参加者=宇都宮市駒生2丁目

川相氏(左奥)らに打撃指導を受ける体験会の参加者(右手前)=宇都宮市内 小林氏(中央)にキャッチボールの指導を受ける参加者=宇都宮市駒生2丁目

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)の親会社エイジェック(東京都新宿区、古後昌彦(こごまさひこ)社長)などは3月3日、元プロ選手が講師を務める小中学生向けの野球スクールを宇都宮市内で開校する。10日には無料体験会が開かれ、6人が参加した。

 昨年8月にオープンした宇都宮市駒生2丁目のバッティングセンター「B.B.パートナー 駒生ドーム店」が、店内の練習場を活用したスクールの開催をエイジェックに依頼して実現した。

 スクールは天候に左右されない形で指導が受けられ、店内のマシンを使って打撃練習ができる点も特徴。講師は元巨人内野手の川相拓也(かわいたくや)氏(30)、元ロッテ投手の小林茂生(こばやししげお)氏(51)、元楽天投手の木村謙吾(きむらけんご)氏(28)が務める。