【栃木】市内の通所介護サービス事業所で新型コロナウイルスの集団感染が発生したことを受け市は10日、介護施設・障害者施設の職員を対象にPCR検査を無料で実施すると発表した。

 対象は市内のデイサービスなどの通所や訪問事業を行う計約180施設、職員約4500人。検査を希望する事業所が市に申し込む。検査は5人の検体を混合し、同時に行うプール方式で実施。陽性が確認された場合の2次検査も全額、市が負担する。

 2020年度中に1回目の検査を行い、その後は2~3カ月に1回の間隔で行うことを検討している。期間は新型コロナウイルスワクチンの効果を見ながら判断するという。市は2月中に対象事業所に検査の案内を送付する予定。