ジャンゴ・ラインハルト・フェスティバルと酒店のコラボ企画のチラシ

 【さくら】ジャズとジプシー音楽を融合させたジャズギターの巨匠ジャンゴ・ラインハルトの名を冠した「さくらジャンゴ・ラインハルト・フェスティバル」が6月29日~7月1日までの3日間、市内の各会場で開かれる。

 今年はまちの酒屋さんが「角打ち」などで前夜祭の盛り上げに協力し、JR氏家駅前に5月オープンした情報発信館や、リニューアルした道の駅きつれがわが新たに会場となるなど、例年以上のにぎわいが期待されている。

 情報発信館で29日午後7時から開かれる前夜祭のミニライブを皮切りに、1日の喜連川公民館ホールのコンサートまで県内外のプロ、アマ約10組のバンドが屋内外の会場で演奏を繰り広げる。

 前夜祭に合わせて栄町の酒屋3店は同日、市民や音楽ファンに向けたサービスを企画した。天星酒店は午後6~9時、酒屋で買った酒をそのまま店内や店先のベンチなどで飲む「角打ち」を行う。

(問)高野篤(たかのあつし)さん080・3603・3647。