大会エンブレムをあしらった大谷石製のコースター(東京五輪・パラリンピック組織委員会提供)

 宇都宮市の特産品である大谷石で作られたコースターが東京2020公式ライセンス商品「伝統工芸品コレクション」として、10日発売される。本県での商品化は3品目。大会公式オンラインショップなどで購入できる。

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は、世界に誇る日本の技術や文化を反映した伝統工芸品などを商品化している。

 コースターは幅9センチ、高さ1・2センチ、奥行き9センチで、価格は税別4500円。右下に大会エンブレムが施されている。

 大谷石の加工・販売を手掛けるバーンストーン(宇都宮市大谷町、坂本静和(さかもとしずか)社長)が製造する。