2021年度佐野市一般会計当初予算案

 佐野市は9日、2021年度当初予算案を発表した。一般会計の総額は20年度比3.2%増の501億2千万円で、04年度の合併以降、14年度に次ぐ規模となった。19年の台風19号からの復旧・復興と新型コロナウイルス感染症対策を柱に据えた。岡部正英(おかべまさひで)市長は「大幅な税収減が見込まれるが、市民の安心、安全を最優先にした予算」と述べた。

 感染症対策関連の事業には計約26億6200万円を計上した。ワクチン接種事業に約4億7900万円、高齢者や妊婦、陽性者が確認された民間事業所へのPCR検査費補助などに約2億3700万円を充てる。