【小山】4月11日に開催を予定していた「第13回おやま思川ざくらマラソン大会」の実行委員会(委員長・浅野正富(あさのまさとみ)市長)は5日までに、大会の中止を決めた。例年約2500人が参加する春の恒例行事で、新型コロナウイルス感染拡大を考慮して判断した。

 代替企画として、スマートフォンアプリを活用したオンラインイベントを実施する。既に大会への仮エントリーを済ませた人と市民が対象。走った距離を記録できるアプリ「TATTA(タッタ)」を使い、4月11~24日の期間中に走った累積距離を競う。結果に応じて、抽選で協賛企業の商品などが当たる。

 参加方法は、仮エントリーした人にはメールで連絡する。市民には13日以降、チラシを公民館などに掲示するほか、来月1日に全戸配布して周知する。(問)大会事務局0285・21・2695。