下野新聞社と日本将棋連盟県支部連合会は29日、鹿沼市で2月14日に開く予定の第65回県選手権将棋大会について、中止すると発表した。同大会は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で昨年に続き2年連続中止となる。

 同大会は5月の関東アマ名人戦の予選も兼ねており、開催に向け準備を進めてきた。だが本県に国の緊急事態宣言が再発令されたことや、同名人戦が開催を見合わせる見通しとなったことから、出場者の安全を考慮し、中止を決めた。