日光山輪王寺で昨年行われたがらまき 

【日光】新型コロナウイルスの急速な感染拡大を受け、世界遺産の二社一寺(日光東照宮、日光山輪王寺、日光二荒山神社)は19日までに、節分行事で恒例となっている「がらまき」を中止する方針を決めた。神事や法要は感染対策を徹底しながら、規模縮小などで対応するという。

 国の緊急事態宣言で本県も対象区域に加えられた事などを踏まえ、各社寺は多くの人が集まるがらまきを中止する。

 東照宮では例年、特設会場を設けてがらまきなどを実施するが、今年は行わない。拝殿での祈祷(きとう)は参列者の分散のために回数を増やすほか、直会(なおらい)は行わない。

 二荒山神社でも本社拝殿で祈祷や豆まきを行うものの、がらまきは実施しない。参列者の裃(かみしも)の着付けなども行わないとしている。

 輪王寺も感染拡大防止を図るため、法要の後に行うがらまきは中止に。同寺は「がらまきは福を分ける意味があるものの、多くの人が集まるため実施は難しい」とした。このほか、豆まきの際は飛沫(ひまつ)を防ぐため参列者は声を出さず、僧侶が代表して掛け声を出す事などを検討している。

 今年の節分は124年ぶりに例年より1日早い2月2日となる。