【栃木】大相撲とちぎ場所2020実行委員会は2日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて来年4月11日に開催を延期していた巡業を中止したと発表した。新型コロナを踏まえ、日本相撲協会が既に来春の巡業の中止を発表していた。

 同委員会によると、購入済みのチケットの払い戻しを来年1月10~23日の14日間、市総合体育館に窓口を設けて行う。時間は午前10時~午後3時。

 大相撲とちぎ場所2020は市合併10周年記念として今年4月18日、同体育館で開催予定だったが、来年4月11日に延期していた。

 角田正展(かくたまさのぶ)実行委員長は「楽しみにしていた市民も多く、中止は非常に残念。コロナ収束後に開催したい」と話した。