JR東日本は25日午後5時半ごろ、東北新幹線「やまびこ・つばさ148号」が新白河~那須塩原駅間を走行中に車両の床下から異常な音を感知したため停車して安全確認を行い、同5時59分に運転を再開したと発表した。異音は鳥と衝突したためだったという。

 このため、同新幹線上り6本、下り3本に遅れがあり、「なすの280号」に最大27分の遅れが生じた。約4千人の乗客に影響があった。