飯塚邸で行われたオンラインシンポジウム

 栃木県那珂川町馬頭の有形文化財ホテル「飯塚邸」でこのほど、オンラインシンポジウム「『農泊×ワーケーション』の魅力と可能性」が開かれた。飯塚邸を運営する大田原ツーリズムの藤井大介(ふじいだいすけ)社長や、県内で農泊を受け入れる農家などがパネリストとして参加。コロナ禍での新たなワークスタイルやライフスタイルについて話し合った。

 シンポジウムはJAグループの旅行会社「農協観光」などが主催した。コロナ禍でインバウンド(訪日外国人)の受け入れや国内旅行の需要が減少する一方、都市部でテレワークや休暇先で働く「ワーケーション」といった新たな働き方や生活様式が浸透している現状を踏まえた。1月27日に開かれ、やりとりはインターネットで生配信された。

 大田原市で農泊を受け入れる「momo farm」(モモ・ファーム)の西岡智子(にしおかともこ)代表は「農業体験をしたり、きれいな星空を眺めたりすることで、不安な気持ちを落ち着かせ前を向く元気をもらえる」などと、農泊地域で過ごすことのメリットを強調した。

 藤井社長は、飯塚邸が長期滞在を目的に作られたため、各部屋にリビングやキッチン、洗濯機が備えられていることや、無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」が部屋ごとに整備されていることなど、ワーケーションに適した環境であることをアピール。「食べ物も都市部よりおいしく、地域の人との交流を通して心の豊かさを感じられる」と訴えた。