ボール回しに取り組む栃木SCのMF山本(左)ら=宮崎県宮崎県都城市の高城運動公園(栃木SC提供)

 サッカーJ2栃木SCの春季キャンプ第4日は5日、宮崎県都城市の高城運動公園で行われた。疲労の蓄積を考慮し、この日は午前の1部練習で終了。ハーフコートでセットプレー時の攻守の動きなどを確認した。

 練習ではFK、CKのキッカーをMF上田康太(うえだこうた)、MF松本凪生(まつもとなぎ)らが務め、正確なキックを披露。DF小野寺健也(おのでらけんや)はヘディングシュートを決めるなど、持ち味を見せた。

 水谷雄一(みずたにゆういち)コーチの下で強度の高いステップ練習などに取り組んできたGK陣は、いずれも好調な仕上がりをアピール。岡大生(おかひろき)は「ここまで厳しい練習を経験したことは少ない。これを1年続ければもっと成長できそう」と手応えを口にし、川田修平(かわたしゅうへい)も「互いに励まし、助け合いながらやっている。絆は深まっていると思う」と語った。