新潟戦に向けて調整するブレックスの渡辺(左)=ブレックスアリーナ宇都宮

 バスケットボールB1東地区首位の宇都宮ブレックスは6、7の両日、いずれも午後3時5分からブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で同地区9位の新潟と対戦する。2月前半は下位相手に5連戦。取りこぼしは許されないだけに、隙を見せず確実に白星を積み重ねたい。

 ライアン・ロシターら主力を欠いたSR渋谷との前節は第1戦こそ71-77で競り負けたものの、第2戦はプロ初先発を果たしたテーブス海(かい)らの活躍で67-62と雪辱。ブレックスは1月の千葉戦から始まった地区優勝を争うライバルとの5連戦を3勝2敗で勝ち越した。