放牧場で瀬尾さん(右から2人目)の説明を聞く音羽和紀さん(右)ら

 【茂木】宇都宮市西原町のフレンチレストラン「オトワレストラン」の関係者がこのほど、町内の「もてぎ放牧黒毛和牛」生産現場を訪問した。オーナーシェフ音羽和紀(おとわかずのり)さん(73)らが環境と共生する瀬尾ファーム(小井戸)の瀬尾亮(せおまこと)さん(66)の理念に触れ、耕作放棄地を活用した放牧場を視察した。

 安全安心な地元食材を使った料理の提供を掲げる同レストランは、町職員でつくる社団法人「ソーシャルアップもてぎ」が「もてぎ放牧黒毛和牛」の名で同ファームの和牛のブランド化に乗り出したことに着目。食材としての魅力を確かめようと、音羽さんと長男の料理長元(はじめ)さん(40)ら経営を担う音羽さんの子3人、若手スタッフら計7人が瀬尾さんに取材した。