那須どうぶつ王国が新たに迎えたホッキョクオオカミ

 【那須】那須どうぶつ王国は11日、同園内の北アメリカゾーン「オオカミの丘 Wolf hills」で、希少な白いオオカミ「ホッキョクオオカミ」の雌2頭の一般公開を始める。

同園で飼育するのは計4頭となり、繁殖を目指す。

 同園は国内の動物園で唯一ホッキョクオオカミを飼育している。新たに仲間入りした2頭は4歳の雌。昨年11月にチェコのオロモウツ動物園から移り、同園の環境に慣らしていた。搬入時の体長は約120センチと約100センチ、体重は約52キロと約30・5キロだった。

 同園は昨年7月から飼育している2頭のうちの雄1頭とお見合いさせ、国内初の繁殖につなげる考えだ。

 現在、同園は新型コロナウイルス感染拡大の影響で臨時休館中で、営業再開する11日から4頭を日替わりで展示する。体調を見て公開するため、公開日は不定期。名前は既に決まっており、近日中に発表される。

 飼育員の二川原(にがわら)美帆(みほ)さん(25)は「性格はマイペースとおてんば。顔つきの違いや、野生動物ならではの行動など那須の雪景色と共に見てもらいたい」と話した。