おもちゃ売り場などが新設されたコジマ×ビックカメラ真岡店=真岡市

 家電量販店のコジマ(宇都宮市星が丘2丁目、中澤裕二(なかざわゆうじ)社長)は、売り場に非家電商品の投入を進めている。4日までに真岡市上高間木(こうまぎ)2丁目の真岡店を「コジマ×ビックカメラ(K&B)」店にリニューアルオープンし、おもちゃ類の取り扱いを始めた。コロナ禍で家電が好調となる中、幅広いニーズに応え、競合店との違いを打ち出す。

 同社によると真岡店は従来、40~60代の利用者が多かった。おもちゃを扱う「トイズコーナー」の新設によって、ファミリー層の集客を狙う。スマートフォンの売り場も充実させた。陳列方法を工夫し、家電のアイテム数は改装前より約1割増やした。