掲示板で自分の受験番号を見つけ喜び合う受験者ら=2019年3月12日、宇都宮南高

 荒川政利(あらかわまさとし)県教育長は4日の定例記者会見で、2021年度県立高入試の合格者発表を、従来の掲示板に加えて県ホームページ(HP)上でも行う考えを明らかにした。

 20年度は新型コロナウイルス対策として、HPのみで発表する方式を取ったが、アクセスが集中して閲覧できない状況が生じた。そのため今年1月の定例記者会見で、21年度は従来通り掲示板のみでの発表に戻し、掲示板の分散配置などで感染防止対策を講じる方針を示していた。

 方針転換について、荒川教育長は「デジタル化が進む中で、そういう状況で良いのか改めて問い直した」と説明した。アクセスの過度な集中によるシステムの不具合を避けるため、掲示板とHP上での発表時間をずらすなどの対応を考えているという。具体的な発表時間やアクセス方法は、2月下旬までに示す見通し。