背もたれの部品が肘掛けやテープルに変形する木製ベンチ。右からウラボの飯泉さんと森さん、学生サポーターの3人

 工学分野の技術で地域活性化を図る宇都宮大の学生団体「U-lab(ウラボ)」が、若者の力で高齢者らを支援する一般社団法人「えんがお」(大田原市山の手1丁目)の「ベンチプロジェクト」への協力に乗り出した。街中に誰でも座れるベンチを置き、高齢者らの外出を促すプロジェクトで、ウラボの学生らがこのほど同法人事務所で、独自にデザインした木製ベンチの製作活動を行った。

 ウラボは同大の学生ら30人で構成。ウェブやCGの制作、もの作りを通じて、地域の課題解決や活性化に取り組む。勉強会をはじめ各種プロジェクトを展開しており、新型コロナウイルスで影響を受ける宇都宮市内の飲食店応援サイト「みやメシドットコム」の制作なども手掛けてきた。