宇都宮市の2021年度一般会計当初予算案は総額2285億円で、前年度を155億円(7・3%)上回り過去最大規模となることが1日、分かった。歳出では次世代型路面電車(LRT)整備に198億円、新型コロナウイルス対策にも多額の予算を計上。コロナの影響で市税収入は77億円(8%)減を見込むが、国庫支出金、市債発行などで賄う。

 これまでは18年度の2218億円が最大だった。21年度はLRT整備費も18年度の144億円を超え、最大となる。