8回、栃木GBの村田が中越えに3点本塁打を放つ=福島・ならは球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は24日、福島県楢葉町のならは球場で福島と対戦、6-8で敗れ後期シーズン初黒星となった。

 栃木GB先発の中村恵吾(なかむらけいご)は三回に2連続四球から本塁打を浴びて3失点。六回も死球後に3連続長短打を許し、3点を追加された。打線は5点を追う八回、村田修一(むらたしゅういち)の本塁打などで4点を奪い1点差に詰め寄ったものの、その裏に投手陣が2失点。九回に谷津鷹明(やつたかあき)の左前適時打で1点を返したが、一歩及ばなかった。

 次戦は27日午後1時から、群馬県高崎市城南野球場で群馬と対戦する。