バスケットボール女子決勝 初優勝に喜びの涙を流す矢板中央の選手たち=栃木市総合体育館

バスケットボール男子決勝 第4クオーター7分、文星付の磯部がレイアップシュートを狙う=栃木市総合体育館

バスケットボール女子優勝の矢板中央

バスケットボール男子優勝の文星付

バスケットボール女子決勝 初優勝に喜びの涙を流す矢板中央の選手たち=栃木市総合体育館 バスケットボール男子決勝 第4クオーター7分、文星付の磯部がレイアップシュートを狙う=栃木市総合体育館 バスケットボール女子優勝の矢板中央 バスケットボール男子優勝の文星付

 全国高校総体(インターハイ)県予選は24日、栃木市総合体育館ほかでバスケットボールとボクシングを行った。

 バスケットボールは男女の3位決定戦と決勝を行い、男子決勝は粘り強い守備で宇工の猛追を振り切った文星付が、82-72で2年連続17度目の頂点に立った。女子決勝は第4クオーター(Q)まで1ゴールを争う接戦の展開となったが、矢板中央が74-69で宇中女を破り、悲願の初優勝を飾った。